KOPってなんですか?

*概要*
1997年結成。
それまで別の劇団名で活動を行っていたが、バンド解散や離婚の理由によくある方向性の違いで一度解散。 名前を"完熟オンパレード"とし再結成、演劇活動を再開する。
ちなみに劇団名の"完熟オンパレード"はメンバーでさえ年に一度口にするかどうかであり、通常は"KOP(けーおーぴー)"として稽古場を借り、領収書を切ってもらっている。
この"完熟オンパレード(通称KOP)"という名前の由来が、ファミレスのメニューと旗揚げ公演のタイトル候補(結局ボツになったが)の組み合わせというのは、当時のメンバーと一部コアなファンにしか知られていない真実である。

現在のメンバーは作・演出・松尾有香、座長・奥村哲也、水野良子の3名。
*作品の傾向*
一時期は「みんな次なにやりたいの〜?」とメンバーに聞いたりしていたが、最近は脚本担当者がそのとき「やりたいかも」と思ったことをやっている。

いきあたりばったり、ただの思いつきや衝動で作品を書いているようにも思われるが、
「今度は狭いところで公演だから、一部屋ですむ話にしよう」
とか
「この間は着替えが多くて大変だったから、着っぱなしでいい話にしよう」
とか
「手品が見たいから主役が手品師の話にしよう」
とか、ちゃんと考えて書いている…そうだ。

傾向は、お客さん総泣き、友人に「詐欺師」といわれたロマンティックなものから、お客さん総ひき、友人に「…よく家族が許したね」といわれたエロくて暴力の嵐が吹き荒れるものまで幅広く、とても「こんな芝居やってます」と説明できないものをやっている。
*野望*
これまたなぜだか一部で知れわたっているらしい。
名古屋ドームで公演を。

「きっと夢じゃありませんよ」
とアンケートに書かれたことを真に受け、
「じゃ本水の滝をバックに」
「宙乗りは外せない」
とほくそ笑んでいる脚本家を見て、メンバーは「…本気でやめて欲しい」と思っている(らしい)。