メンバーのご紹介
<<過去のキャストはこちらから>>

奥村哲也
<<history?

奥村哲也(おくむら・てつや)
KOPの座長。通称:座長、てっちゃん、おくちゃん、てつむら、おくむらさん
某企業のれっきとした社員。社会人。最近よく「あの人働いてるの?」と聞かれるのでここに明記。
色が黒いだの髪型が変だのという言葉に、異常に神経質である。そして認めようとしない。
いままでの役柄は絵に描いたような好青年から、腹に一物ある腹黒青年までと幅広い。

『双月夜』では「あんなお尻になりたい」と大絶賛&「きしょい」と大ブーイングのオカマ・宇野明良(反町菜々子)&卑猥単語連発、「ののしられたい」とのラブコールもあった切腹男・アキラ役。
『K6OP』では見事菜々子を復活させ、KOP史上最強キャラの地位を不動のものとする。
『マトリョーシカ』では某劇団の『双月夜』らしき芝居を観たらしい、山田紘一役。
『刻ノ祭』では妊婦の腹を裂いてまわったと噂される、御崎家の当主・御崎太一朗と自称・記憶喪失の男、実は2152年の未来から来た直情男・香川光太朗の二役。
『女が病気。』ではとっても弱者な経理課の奥村君&そこにいるだけでおかしいスペイン人、フェルナンド(通称ゴンザ) 。
『前世倶楽部-King&Queen-』ではズバリ王様。 「怖い目をしないでください」といわれ続けていた。
『戦争とか、平和とか。』ではシャア好き女好きで前職ヤクザ、小指がない神父役。 腹に一物ある人間は得意だね、やっぱ。
『僕のフランケン』では猫を切り刻んだ過去を持つ智役。ずばり「怖い」と周囲に言われ続け…でも、かわいそうな人だったんだよね?智さんって。本人は運動神経がいいのに、どんくさい人をやらなくちゃいけなくて、それはそれで大変なんだなぁと。
『R-15』では稽古のエチュードのときに面白かった「筋肉バカ」をモデルに、頭まで筋肉な体育の仲間先生を。 やけに合っていたような・・・。
『おにいちゃんが、きた』では一家の大黒柱のお父さん・実篤役。アロハみたいな派手な部屋着と短パン姿。ひょうひょうとしたお父さんがお似合いでした。
『螺旋の森』では直球勝負の漣役。ミラクル・レンの登場シーンなんか、いかがわしくって好きですけど。本当はああいうのが得意だよね(笑)。
『ハッピーバースデー』では自分は記憶喪失だと言い張るチャラけた男、鬼塚寅次役。レパード柄の衣装、似合ってましたよ。黒のタンクトップとともに。
『宇宙人といっしょ』では宇宙人に乗り移られた花園圭介(園さん)役。宇宙人と人間の違いを大量の汗とともに表現。あんな動き、なかなかできないよ…。
『家族バカ』では結婚して一年経つのに、いまだデキ(させてもらえ)ない榛名の夫、保役。あの「ものすごく下手な芝居のシーン」には笑いをこらえるので必死でした。
『スーパー・ファイナルファンタジー・デラックス』ではちゃらんぽらん男、陸久役。座長とは間逆なイメージですが…こういう役得意ですよね?
『絶望の花園』ではポジティブ・バカな康人役。ライブなシーンでは思う存分歌う&踊ってましたね。最近板についてきましたね…○カ役。
座長の他に制作担当&だじゃれ大臣だったハズだけど…最近言わないからここから外せってしつこく言われてるけど…好きでしょ?基本。


松尾有香
<<history?
松尾有香(まつお・ゆか)
通称:まつねえさん、ねーさん
KOPの作家。 足癖が悪く、立ち稽古になると妙なポーズで芝居を観ている。 「足閉じて」とダメ出しされる女優はこの人ぐらいだろう。
今までの役柄はおばちゃんからお姫様、やたらとドスが効いているか色物系が多い。

『双月夜』では地球うんぬんより妊娠検査薬の結果が大事な澤村市子&がんがん歌う・踊るリストカッターイチコ役。稽古で両脚が常にアザだらけ、本番しょっぱなから両膝が黒いのが気になって仕方がなかったが、衣装がスカートだったので隠すに隠せず。
『K6OP』ではキモ悪キャラ、チャイナドレスを着てトーク、マンガ描きとやりたい放題やったのか、やらされたのか…。
『マトリョーシカ』ではそのまんま松尾有香役で「そんなのは有香じゃない」とダメ出しをくらいまくる。
『刻ノ祭』では狐持ちの家・御崎家の業を一身に背負った女性・椿と、頭が子供のままの長女、御崎桜役。
『女が病気。』では一番の先輩OL芳賀さん。
『前世〜』では王様の母親。イメージは西太后。でもなんだかホステスさん。 おかしいなぁ…会社の女社長だったハズだか。
『戦争〜』では前職アイスクリーム屋の店員・ドルチェ役。照明さんに「一回もまともに登場しない」 と爆笑されました。そうでしたか?…そうですね。確かに。
『僕の〜』では腎臓移植されたプチセレブ。でもアルコールがやめられない清水里佳役。お金がある人にあまり縁がないので、雑誌を読んでは「なんだかなぁ〜」っと憤慨していました。
『R-15』ではまったく協調性のない保健室の先生・槌谷役。魔女役がやっぱりお似合いでしたね。あなた^^;
『おにいちゃん』ではおにいちゃんの乳母・千沙都&実篤の前妻・登和子役。 最後の拳銃構えるシーンは稽古では落ち込むぐらいうまくいかず…あまり迷惑かけないようにね。最年長(泣)。
『螺旋の森』ではラテンな華那役。久しぶりに出番が多めだったので、四苦八苦の連続。 本気で逃走しようとしてたでしょ?本当に迷惑かけないようにね。最年長(大泣)。
『ハッピーバースデー』ではスピリチュアル・カウンセラー呪響子役。イメージは美輪様だったんですけど…どうだったんでしょうか?
『宇宙人といっしょ』では婚約者がいきなり宇宙人になってしまった、超腰の低い女・月島満湖役。確かにその名前じゃそんな風になるのもわかるぞ…。
『家族バカ』では娘と同じぐらいの年齢の義理の母、友里。かわいいんだけどちゃーんといろいろわかってる風な人なハズだったんですが…難しい。自分にない人って。
『スーパー〜』ではツンデレ子持ちバツいちの真帆役。デレ部分がほとんどない、ただ凶暴な人のような気もしましたが…ちゃんと表現できてたんだろうか。デレ部分。
『絶望の花園』ではロボットっぽくないロボット、ロボ子役。あえてやるロボットのマネが無茶苦茶楽しそうでしたね。あと家政婦覗きも。基本小ネタ好きでしょ、あなた。
脚本・演出の他にこのHPの制作担当&会計担当。

水野良子
<<history?

水野良子(みずの・りょうこ)
通称:がぎー、ぎーさん、よしこ
HPを見て入団した奇特な人。 鼻濁音が苦手なばかりに"ガギー"と呼ばれるハメに。メガネ越しに睨めば「婆さんみたいだな」といわれ可哀相に…(泣)。でもそんな意地悪には負けないところが大人というか素敵である。

『双月夜』では前説&やたらと多い小道具の管理・セッティングにと活躍。本番中楽屋でアキラとイチコの傷に細かく両面テープを貼り付るガギーの姿は忘れない。
『K6OP』では初舞台の『マトリョーシカ』で、気が弱いのか弱くないのか微妙な役、鈴木香織を微妙に演じる。
『刻ノ祭』では男に目がない次女の御崎菊乃役。 ラスト近くの大立ち回りでは非力さを克服して見事やりきった。
『女が病気。』では芳賀さんと同い年だけれど、入社が後の真宮さん。
『前世〜』では王様の妹。 懐メロ好きな、ちょっと油断するとババアになる本性を騙すのに苦労する。
『戦争〜』では暗殺者・ニキータ役。運動神経がナイにもかかわらず、人より機敏な動きを要求され、大変そうだった。でも見事にハマリましたね。
『僕の〜』では売れないタレント?アイドル?な石原温子役。自分から最も遠いタイプの人、だったらしく周囲から「ゆうこりんを見本にしろ」と言われ、深夜放送を見て研究していたらしい。でもあの衣装、ひとつは自前って…。
『R-15』では唯一まっとうそうだけど、妻子ある近藤先生とちゃかり不倫していた早川先生役。
いい魔女の冠がことのほかお気に入りだったようで。まぁ似合いますけどね。杖とか(笑)。
『おにいちゃん』ではファンキーな親父と能天気なロボットに振り回される娘・麻衣役。決して悪い子じゃないんですけどね…。
『螺旋の森』では三千年の純愛、宦官のレン役。本当は男って役、難しいと思うんですよね。みんなの意見を取り入れながら、ステキな役に作り上げてくれました。
『ハッピーバースデー』では、どこから見てもメイドだろ、という榊原百花役。「マンガみたいな人」をやりきってくれたと思います(笑)。
『宇宙人といっしょ』では宇宙人&UFO研究に情熱を傾ける岩館のぞみ役。宇宙人と交信する姿が本当にキてます。真面目な人なんでしょうけど。
『家族バカ』では賢吾の公認?ストーカー、莉子。賢吾への愛が強すぎて、どんどん変○になっていく様は見ものでした。
『スーパー〜』ではファンタジーな世界からやってきた不思議女、ラン。いつも思うんですがどこから調達してくるんですか?その衣装?
『絶望の花園』では女王様キャラまっしぐら、な蒼子役。 やたら殴る、蹴るのシーンが多く遠慮がちな彼女でしたが、さんざん周囲から「もっとやれ」と言われ、たくましく成長しましたね。
普段はやることなすこと三の線で「あいつには勝てない」と他の役者に言われ、複雑そう。 小道具・段取り(宴会)部長。