おうちがほしいぞ


97/08/02
建て物は完成してついに明日8月3日は引き渡しの日です。
外構はまだ少し工事が残っていますが、それでも生活には困らないでしょう。 結局購入を決めてから約1年が過ぎましたが、長いようで短い1年ではありました(笑)
引っ越しは8月9日です。それまでに、新居での受け入れ準備をしておかないといけないですね。 なんせカーテンもクーラーも照明の無いですから(笑)
97/7/10
引っ越しの日にちが決まって、引っ越し屋さんから見積りがでました。 けっこうな金額です(T.T)←なら自分でやれって(笑)
1日で完了させたいのと「ものぐさ」な私は「らくらく」コースです。
具体化してきたなぁ、、、

97/07/06
今日おうち屋さん(笑)から電話があり、「引き渡しは予定の8/10からちょっと早く8/03でどうでしょう」とのこと。
もちろん首を長くしてる私はOKしました。
もともと8/10なんて、ユニット工法なのにえらく余裕を見た設定だとは思ってましたが、慌てさせて手抜きされても困るので提案通り8/10の予定としていました。
もうすぐなんですが、いろいろと準備がまだなのでちょっと焦っております。(笑)
引っ越し屋さんの手配とか、カーテン、照明、NTT、電力会社、、、etc
もうひと頑張りです。(^_^)

97/06/30
最近はお休みになるたびに、工事現場へ足を運んでいます。 建物は、もうほとんど完成ってところです。 あとは、外構とか浄化槽とかの工事です。 ところが昨日工事現場へ行ってみると、私より先におうち住んでいるやつがいました。 つばめさんであります。 2階のトイレの換気扇の排風ダクトの上にしっかり巣を作っているのでした。 え〜い、オレより先に住んでるんじねぇ〜(笑)
97/05/17
「たてかた」字はわかんない(^_^;; 今日その「たてかた」で、家を建て始める日だそうな。 在来工法だと柱をおっ建て始めるところですが、軽量鉄骨ユニット工法な私のおうちは、 ユニットの据え付けってところです。 話には聞いていましたが、本当に一日で家の形になりました(笑) 一日と言ってもユニットの据え付け自体は2時間くらいで、それこそアッと言う間です。 「日柄」とか気にしないのですが、外野の意見もありまして、人並みな日柄だそうです(笑) すぐ隣で同じメーカーの家と在来工法の家の工事も行っていまして、在来工法で一生懸命柱を建てている様子がちょっと面白かったです。

97/04/21
今日会社の帰りに工事の様子を覗いてきました。 例の柱状強化とかは完了しており、基礎の部分の工事中でありました。 その工事現場なんですが、立て看板が設置されており、労災のなんとかとか、建築許可がなんとかって看板なんですが、しっかり発注主が自分の名前になっていました。 まぁ当然と言えば当然なのですが、何か照れ臭いものではあります。(笑)

97/04/20
日本の不動産の商習慣だそうですが、地盤調査は契約が終わってからでした。 先日地盤調査の結果が出てきました。 それがなんと、かなりの軟弱地盤だそうで、柱状強化とやらが必要とのことでした。 基礎の各ポイントに深さ4〜5mの穴をあけてコンクリートを流し込むのだそうです。 まぁ、その辺りは手抜きするよりはいいと考えてますが、約100万円の費用が痛い(T.T) もともと安い土地ではありますが、契約前の調査であれば、契約を考えたり、値切ったりしたりするかもしれません。 ちょっと理不尽な商習慣だよねー

97/02/22
正式な土地の契約と建物の契約を先日済ませ、2/18付けで土地の登記もいたしました。
しかしまぁ、いろいろと手続きがあるもので、実印を「ばこばこ」捺印したのでした(笑) 実際高額な買物であるからして、当然なのでしょうが、一生の内で実印を捺印する回数の80%は済んでしまったような気がします。 最初の方では緊張していた、実印の捺印も最後の方では感覚がまひしていて、案外「すこすこ」と捺印してしまいました。(^_^; こんなことでいいのだろうか?(笑)

97/02/17
おうちを建てる事を決めてから、随分日数が経ちました。(^^; 年末に公庫と年金の融資の申込みを済ませました。
いたって事務的な作業であり、おうち作りの中ではつまらない作業かもしれません。 ふつー金利が一番有利なところにするだけです。 その中で少しだけ迷ったのが、抽選を必要とするものを選択するかどうかでした。 悩んだ結果、抽選を必要とする融資は選択しませんでした。 何しろ、その次の融資(金利そのものは同じだが会費が必要な県民年金)との差が少なく、 また、抽選が外れて次回になった場合に金利がどう動くか予測できなかったので、 お固く攻めてみたのでした。

96/10/05
最近は消費税5%の話題が盛んですが、住宅にも5%の波が押し寄せています。 96年の9月までに契約を済ませてしまえば、たとえ引き渡しが97年の4月以降になっても3%の消費税で 済むとのことで、掛け込み契約が数多くあったそうです がしか〜し、私が思うに、住宅の販売をしている所にしてみれば、10月から急にお暇になってしまっても困る訳で、それなりの手を打ってくるだろうと思っておりました。 現に2%分の値引きを示してきている販売店もあります。 そういえば、自動車の時も、税金が上がる前は「今買わないと高く付く」って言って販売していたし、上がってしまった後は、「税金は高くなったけどその分値引きします」って言って販売していたように記憶しています(笑)
住宅の販売形態はいろいろあると思いますが、その中で、「建て売り」って言われるものを考えている方は消費税についても注意すべきではないでしょうか。 あまり詳しくないのでアレなんですが「通常、消費税は建物とか外構工事などに掛かるだけで土地には掛からない」と聞いております。 少なくても私が契約しようとしているところはそうです。 しかしながら、建て売りと呼ばれる物件では、「土地と建物を引っくるめてなんぼ」と販売いしております。 私が以前もらったことがある見積りにはその総額にたいして3%となっていたようです。 法律的にどうなっているかは判りませんが、少なくても価格を土地と建物とに分けて見積りしてもらって、建物だけに対しての消費税を払うべきなのではないでしょうか。 もしかしたら、販売店内部では分けた形で契約ができていて、土地の価格の3%分を、「くすねて」いるのかもしれませんから。

96/10/02
最近は、住宅と言ってもいろいろな種類があります。 私も最初は何が何やら全然ちんぷんかんぷんでした。(^^; しかしそうも言ってられないので、自分なりに見てみました。

そこで私のこだわり

工場で大部分が作られた住宅がいい。 現地で職人さんが製作する在来工法を否定するつもりはありませんが、「現地での製造品質によって、機能が左右される」って言うのがいただけません。 信用のおける工務店を知っているとか、腕の立つ大工さんを知っているとかで無い限り、 私は避けたいなぁと思っておりました。
まぁ2x4やら4x6やらプレカットやら、木造ユニット工法やら、種類はいろいろありますが、 私が気に入ったのは、軽量鉄骨のユニット工法のもので、それでも結構ベンダーの数はありました。 その中でも私は工場化率の最も高いベンダーに決めたのでありました。

96/09/29
ごく普通のサラリーマンにとって住宅の取得は大イベントだと思います。 私も数年前から、考えておりましたが、そろそろであります。 (もちろん、私はごくごくふつ〜のサラリーマン(T.T)) いろいろと欲を言えばきりがないのではありますが、少しの妥協少しの背伸びで、 なんとか、なりそうな気配であります。 もちろん書斎はPC ROOMとなる予定。(笑) 97年の7月頃には引っ越せそうです。 まぁしばらくはこのネタを書き込みますです。 と言う訳で落ち着くまでは486VLなマシンで粘ります。(笑)
もどる