- 季報『唯物論研究』 -



大阪唯物論研究会哲学部会の機関誌。
         ISSN 0285-2993

    国立国会図書館のNDL-OPAC で、掲載論文の情報が検索できます。
    このサイトから「雑誌記事索引の検索/申込み」サイトに移動して、
    「雑誌名」欄に、「季報唯物論研究」と入力してみて下さい。
    年代や、論題名、著者名等でも検索できます。


「大阪唯物論研究会」
  第二次世界大戦前、戸坂潤や三木清らが活動した唯物論研究会の流れを汲む研究会の一つ。

 より幅広い立場で、哲学上の問題に、取り組んでいる活動として、「大阪哲学学校」がある。

◆本誌編集目的
 哲学と生活現場の結合、日本と世界の現状の思想的分析と批判、現代思想および思想史の研究、社会主義思想の現代的探求、哲学的ジャーナリズムの展開、全国的国際的な知的協同と相互批判、日本の唯物論研究会運動の批判的継承。

◆編集・購読連絡先
〒560-0021
大阪府豊中市本町6-9-7-402
季報『唯物論研究』編集部
Eメール:kiho-yuiken@mbn.nifty.com

◆定期購読
一年(四号分)5000円

◆店頭販売:新宿模索舎

◆バックナンバー(送料実費負担)
 第一期合本( 1~12号) 3000円
 第二期合本(13~24号) 3500円
 第三期合本(25~36号) 4000円
 第四期合本(37~48号) 4500円
 第一期~四期一括購入  13000円
 第49・50号以降     各号1200円
(希望号数を明記の上、Eメール、ハガキ、ファックスなどでお申し込み下さい。
定価は、100号「総目次」最終頁に記載。)

◆共同研究出版物 
『アソシエーション革命へ』
  田畑。大藪・白川・松田編 社会評論者   2800円
『二一世紀入門』
  捧・宇仁・高橋・田畑    青木書店     2800円
『『ソフィーの世界』の世界』
  大阪哲学学校編      青木書店     1800円
『日本の<保守>を哲学する』
  大阪哲学学校編      三一書房     2700円
『企業モラルを哲学する』
  大阪哲学学校編      三一書房     2500円
『天皇制を哲学する』
  大阪哲学学校編      三一書房     1700円
『証言・唯物論研究会事件と天皇制』
  本誌編集部編、       新泉社       1900円
『現代日本の宗教』
  山本晴義編、        新泉社       1800円

◆21世紀叢書(新泉社)
『鶴見俊輔ノススメ―プラグマティズムと民主主義』
  木村 倫幸     1700円+税
『四次元時空の哲学 ―相対的同時性の世界観』
  村山 章      2200円+税
『グラムシ思想の探究 ―ヘゲモニー・陣地戦・サバルタン 』
  松田 博      2200円+税
『グローバル化を超える市民社会―社会的個人とヘゲモニー 』
  斉藤 日出治    2300円+税


戻る