IP電話の特長





ウィルスに感染した、データがなぜか外部に漏れてしまった、突然パソコンの動作がおかしくなった・・・思わしくないことですが、身近な人からそのような話を聞かれたことがあるかと思います。このような脅威から身を守るためには、それ相応の適切な処置と対策が必要となりますが、無対策な状態であったり、または、セキュリティ対策ソフトを導入していても、最新の対策が盛り込まれた状態に適切に更新されていなかったりという場合が大半です。





同じ「仕組み」の中での脅威だからこそ、仕組みを知ることで対処もある程度まで可能です。
悪意を持った第三者が様々な脅威を生み出していますが、この「脅威」も皆さんがお使いのパソコンやインターネットの仕組みを利用していることには変わりなく、例えばネットワーク経由での脅威を根本的に遮断するには、ネットワークケーブルをパソコンから抜いてしまえばよいのです。つまり同じ仕組みの中での「脅威」ですから、仕組みを知ることで、特に特別なモノを用いずに、実は大半のセキュリティ対策を施すことができるのです。


例えば、以下の事柄を実施することで、かなりの確率で脅威を振り払うことができます。

メール経由のウィルス感染
  • HTML形式のメールを表示させないように設定(テキストのみでの表示)
  • 不用意に添付データを開かない
  • 使用しているメールソフトのパッチ当てやバージョンアップを怠らない

    etc....
Web経由でのウィルス感染
  • あまり見知らぬサイトを閲覧しないようにする
  • webブラウザのセキュリティ設定を事細かに設定する
  • 不用意にプログラム等をダウンロードしない

    etc....
プライバシーの侵害
(データ漏洩など)
  • ブロードバンド回線なら、モデムやルーターでのセキュリティ設定項目を事細かに設定する
  • パスワードの管理などを適切に行い、パスワード変更などを怠らない
  • 不用意にインターネット内外で個人情報を明かさないようにする

    etc...

必然的に、セキュリティ対策を講じれば講じるほど、そもそもの利便性が犠牲となります。
同じ仕組みの上での利便性、そして脅威ですから、脅威を単にふりほどくことを最優先すれば、当然利便性は犠牲となります。つまり、適切なセキュリティ対策とは、仕組みを熟知することで適切な処置をバランスよく積み上げることといえます。しかし、年々このような脅威は巧妙さを増しているのが現状で、一般的な対処や対策方法では効果を上げることが難しくなってきています。 もちろん、一般的というレベル以上の知識や技術を習得すれば対処も可能ですが、もはや現実的でないといえるレベルに到達しつつあるのです。




専門的な知識を必要とせず、煩雑な作業や処置から開放。
メンテナンスフリーで利便性だけを追求。

いままでは、セキュリティ対策ソフトをインストールし、最新の対策が盛り込まれたパッチ(定義ファイル)を反映することが最もポピュラーでした。しかし、もっとダイレクトで、かつ、お客様を負担から解放する方法として考えられたのが、マカフィー・セキュリティサービスです。本サービスは、お客様のパソコンがインターネットに繋がり、起動している限り、最新の対策をセンター側から全自動で反映することができます。

つまり、専門的で煩雑なことはすべて本サービスにお任せいただき、お客様は常に最新の対策が盛り込まれた状態でインターネットやパソコンが持つ、本来の利便性だけを得られるようお手伝いいたします。


>>詳細についてはこちらをご覧ください。